今日のおすすめ映画#13

節分

こんにちは、今日のブログ担当の山﨑です。

気が付けば1月も圧倒言う間に過ぎて2月に入りましたね。
今日2月3日は節分の日です!

僕は今年厄年でしたのでしっかり厄除けしておきたいと思います!

では今日の映画紹介へ移りましょう!

愛は最強。

さて、何回か前の映画紹介で戦時中の広島を舞台にした『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』をご紹介しましたが今回は第二次世界大戦中のドイツが舞台の映画です。

『ジョジョ・ラビット』

第二次世世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、空想上の友達であるアドルフの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送っていた。しかし、訓練でウサギを殺すことが出来なかったジョジョは、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかいの対象になってしまう。母親と二人で暮らすジョジョは、ある日家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気付いてしまう。それは母親がこっそりとかくまっていたユダヤ人の少女だった。

と、いうわけで今回ご紹介するのは『ジョジョ・ラビット』。日本では、1月17日公開でした。

監督は『マイティ・ソー』で馴染みのあるタイカ・ワイティティ監督。作中では空想の友達であるアドルフを演じています。
さて、薄々気付いている方もいらっしゃると思いますがこの空想の友達のモデルはヒトラーですね。主人公であるジョジョは彼にあこがれるナチスとして日々訓練に明け暮れています。そんな彼がナチスが迫害していたユダヤ人の少女と面した際にどのように接するのかが今作の見どころとなっています。

今作は戦争を背景とした映画でありながら全体を通してコミカルな描写が多く、戦時中が舞台とは思えないくらい笑いが起きる作品でした。
ジョジョがアドルフと会話をするシーンでは彼がどのように想い、それがどのように変化しているのかを伺うことが出来、映画全体を通して10歳の少年が成長していく様はどんどん引き込まれてしまいます。
そして、成長した彼がユダヤ人の少女に対してどのような決断を下すのか、必見です。

日本人はどことなく宗教観や思想について馴染みは薄いのかなと思うのですが今作ではそういった思想感に葛藤するジョジョの様子も見どころです。

興味のある方は是非ご覧になってください!

BB整体スタジオ 店舗情報

幡ヶ谷店
住 所:〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷2-9-17-石田ビル1F 【google map】
TEL:03-6276-3862
明大前店
住 所:〒156-0043
東京都世田谷区松原2-46-7-梶原ビル2F【google map】
TEL:03-4400-2962
営業時間
平 日:12:00-22:30(最終受付)
土日祝:09:30-20:00(最終受付)
定休日:年中無休
お支払い方法:現金・Alipay・LINEPAY・MERPAY・PAYPAY・クレジットカード((VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners/Discover)
URL:https://bb-sta.com
お問い合わせ:info@phyjix.net
予 約:幡ヶ谷店LINE@・明大前店LINE@から24Hご予約可能です

 

 
 

関連記事

  1. 餅つき

  2. 誰が嘘をついている…?

  3. 今日のおすすめ映画#9

  4. 今年もやります⊿ 坂道テレビVol.2

  5. パンフレット

  6. 今日のおすすめ映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。