今日のおすすめ映画

この人生より硬貨な死を、、

はじめまして

こんにちは、初めまして。
今日のブログ担当の幡ヶ谷スタッフの山﨑です。

スタッフ一同思い思いのブログを投稿しているようなので僕も何かテーマを決めようとずっと考えてました。
そこで自分に何か立派な趣味はないかなぁと想像を巡らせていたらありました、そこそこ立派なのが。

僕は休日があればすぐに映画館に駆け込む映画マニアでした、、
2019年も残りわずかですが今年観た映画を数えてみたところ、、、

新旧作品合わせて100本超えていました

冷静に考えると週休2日でまだ11月なので休みの日は必ず1本映画観てる計算になりますね、、
あほだと思うでしょう?大丈夫です。
僕も思います。

さて前置きが長くなってしまいましたがそんな映画好きな僕はおすすめの映画をご紹介していければと思います。

DCコミックスを代表するヴィラン

さて映画をご紹介しようとは言ったものの映画のレビューって書こうとするととても難しいですね。
ご紹介した皆様に楽しんで観てもらうために気を付けなければいけないことが多すぎます、、
例えばネタバレとかネタバレとかネタバレとか、、

そんなネタバレに注意しつつまず第一回目の作品紹介ですが今回ご紹介する作品はこちら!

『JOKER』

と、いうわけで記念すべき第一回はホアキン・フェニックス主演のJOKERという映画です。
10月4日に公開され、今なお大ヒット上映中です。
僕も昨日観に行きました!、、、2回目を
これを見てる方にもこの顔に見覚えがあるのではないでしょうか?
そもそもジョーカーとは海外のDCコミックスの代表作とも言える『バットマン』に出てくるヴィラン(悪役)です。
ドラゴンボールで言うフリーザであり、アンパンマンで言うバイキンマンです。

そんな有名なヴィランはどのようにして誕生したのかが語られるのがこの作品になります。
ではこの映画の見どころとは何なのか、、それは主演のホアキン・フェニックスの表現力にあると思います。
ジョーカーとは「狂気」という言葉がぴったりハマるようなキャラクターであり、過去作品である『バットマン』や『ダークナイト』でも多くの実力派俳優によって演じられてきました。そんなキャラクターを全く新しい作品で、かつ主役で演じるとなると相当なハードルがあったのですがホアキンの演じる狂気っぷりは圧巻の一言でした。特にジョーカーの特徴である狂った笑い方はすごいを通り越して恐怖を覚えるほど、、
肝心なストーリーも衝撃な展開の連続でとても緊迫感のある飽きさせない内容でした。

さて、この映画を観るにあたって一番心配されることとして「過去のバットマンを知らないと話についていけないの?」ということがあげられますが安心してください。世界観などは共通ではありますが『バットマン』や『ダークナイト』とはストーリーは全く関係ありませんので過去作品を知らなくても十分に楽しめると思います。むしろ原作や過去作品を知らない人の方が楽しめるかもしれません。(一部の原作ファンからは「原作と設定が違う!」といった批評もあったみたいです。)

設定が違うという論点に関してはアメコミ映画によくある話なので気にしないでください

長くなりましたがここまでお付き合いいただきありがとうございました。
渋谷のハロウィンはもっとジョーカーであふれると思ったのですがそこまでではなかったみたいですね、、きっとペニーワイズのせいですね
10月上旬公開からはや1か月半経とうとしています。まだご覧になってない方はこの機会にぜひ観に行ってみてください!

ご覧になった方はぜひ感想を語り合いましょう!

BB整体スタジオ 店舗情報

住 所:〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷2-9-17-石田ビル1F 【google map】

電 話:03-6276-3861

営業時間
平 日:12:00-22:30(最終受付)
土日祝:09:30-20:00(最終受付)

定休日:年中無休

お支払い方法:現金・Alipay・LINEPAY・MERPAY・PAYPAY・クレジットカード((VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners/Discover)

URL:https://bb-sta.com

お問い合わせ:info@phyjix.net

予 約:LINE@から24Hご予約可能です

関連記事

  1. はしごカレー2020

  2. 冬本番ですね、、、

  3. パンフレット

  4. 有馬記念

  5. AJCC

  6. 幡ヶ谷の隠れ家カフェ vol.1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。